有限会社明倫社
有限会社明倫社
会社概要 事業概要 東北大学の皆様へ 消防局の皆様へ お見積り つぼみ文庫
求人情報 リンク プライバシーポリシー お問合せ サイトマップ 印刷豆知識
 >トップページへ
本を作る際、紙の問題は大変重要になってきます。用紙の選択一つで本が「よく」もなり、「悪く」もなります。これは「紙」に対する知識と経験に左右されます。紙の知識とは、紙の性質と大きさの規格に対するものに大別できます。ここでは本の仕上がりから見た用紙サイズを紹介します。本は大きめの紙に印刷し、これを折った後に綴じて作ります。お手もとに何種類かの本と白紙数枚を用意していただければ、比較的簡単に理解することができると思います。

多くの本や雑誌は、面積が「倍」「半分」の関係になっています。詳しく見てみると、面積の違いはあっても、寸法の横と縦の長さが一定の比率になっていることが理解できます。
例えば、「A1」という大きな紙の寸法は594o×841oとなっていますが、この紙の長辺を二つ折りにすると、寸法が420o×594oの「A2」というワンサイズ小さな紙が2つ作れます。さらに「A2」の紙の長辺を二つ折りにすると「A3」の紙が2つ作れます。
このように用紙のサイズには一定の比率によって大きさが変ってくるのです。
そしてこの大もとになる紙の規格が「A判」「B判」です。仕上がり寸法の例としては、週刊誌が「B5」、単行本は「A5」または「B6」が主流で、やや大型のビジュアルな雑誌は「A4」サイズとすることが多くなっています。
これらの規格サイズからややずれているものも見かけられます。これは規格外の「四六判」や「菊判」などがあります。また、「変形判」といって紙の取り都合を工夫したもの(例えば女性週刊誌など)もあります。


用紙サイズ(紙加工仕上がり寸法)単位o
番号 A列 B列
841×1189 1030×1456
594×841 728×1030
420×594 515×728
297×420 364×515
210×297 257×364
148×210 182×257
105×148 128×182
74×105 91×128
52×74 64×91
37×52 45×64
10 26×37 32×45
規格外紙加工仕上がり寸法単位o
名称 寸法
菊判 152×218
  152×227
菊倍判 218×304
  227×304
四六判 127×188
  130×188
四六倍判 188×254
  188×260
AB判 210×257



単行本の大きさが、B6判やA5判より一回り大きな菊判や四六判が中心になるのは、書店で目につきやすいという理由からきています。特に本を立てた時の背部分が数o高くなる効果は大きくなります。女性週刊誌のサイズはAB判となりますが、若干大きめに仕上げる例が多くなっています。菊判、四六判には2種類の大きさがあるので注意が必要です。

copyright(c)2006 MEIRIN-SHA CO. All Rights Reserved